ニキビの治療について
ニキビの発症は、ホルモンバランスによる皮膚状態、食事、およびストレスなどの生活要因などが主な原因です。

当院では抗生物質の内服や外用剤を用いた治療をはじめ、エレクトロポレーションやケミカルピーリング、スペクトラピーリング等を用いた治療も行っております。


保険診療

塗り薬: 白ニキビ(炎症・感染のないニキビ)・・・新しい治療薬が発売されました。
赤ニキビ(腫れて赤くなっているニキビ)・・・抗菌薬入り塗り薬を処方します。

2008年秋、欧米では10年以上前からニキビ治療のスタンダードとして使用されている「ディフェリンゲル」がようやく日本でも発売になりました。
白ニキビ〜赤ニキビまで、広範囲のニキビ治療に効果的です。


抗生剤内服:


赤いニキビに対して、抗菌薬を処方します。

ビタミン剤内服:

ビタミンB・Cなどを処方します。

ホルモン療法:

ニキビができる根本原因にホルモンバランスの崩れによるものがあります。
ホルモンバランスを整えることで根本原因を治療し、ニキビのできにくい体質に変えていきます。


自費診療



エレクトロポレーション >>>
ニキビの軽減に効果的なビタミンCやアミノ酸を、電流の力で肌の深部に到達させる施術です。肌にほんの一瞬強い電力を流して、細胞膜へ一時的に小さい穴を開け、そこへ薬剤を流し入れていくため、イオン導入の約10倍薬剤を肌へ浸透させることができます。


ケミカルピーリング >>>

皮膚科医療と併用してお勧めするのがケミカルピーリングです。ニキビの原因である毛穴の詰まりを増進させてしまう古い角質を、酸性薬剤を用いて除去していく施術です。不要な角質が除去されるため、肌の表面が滑らかになります。ニキビ痕の軽減や、痕を作らない為にも効果的な施術です。


スペクトラピーリング >>>

スペクトラのロングパスルモードを使用し、皮脂線に働きかけて過剰な皮脂分泌をコントロールします。肌深層部へも刺激を与え、ニキビによる毛穴の開きも改善していきます。