アトピー性皮膚炎の治療について
アトピー素因(喘息、花粉症などのアレルギー性疾患を、ご自身またはご家族の方に有する)のある方が、体の内外からのいろいろな刺激に皮膚が過剰に反応し、皮膚がかさつき、強いかゆみを伴う皮膚炎のことを言います。

アトピー性皮膚炎は皮膚のかさつき、すなわち皮膚のひび割れに汗やほこり、花粉などの刺激物質が入り込むために起こります。からだはその刺激に反応し、それらを体外に排出しようとします。その反応が掻くという行為であったり、湿疹及び水泡であったりします。
その中で一番避けたいことは「掻く」という行為です。掻くことによってますます皮膚の状態が悪くなり、ひび割れがひどくなってしまいます。

その反応を止めるのが、ステロイド剤やタクロリムス軟膏です。ここで初めてステロイド剤を使用します。
しかしこれはからだにとって良いことではありません。なぜなら、からだが「刺激物質を排出しよう」としている反応を抑えてしまっていることになるからです。つまり、ステロイド剤のみでアトピー性皮膚炎をコントロールすることは間違いなのです。

かゆみを止めるために飲み薬を併用することも効果的です。夜寝ている間に掻いてしまう方には、寝る前に、かゆみを和らげ眠気を誘うようなお薬を飲んでいただきます。

治療において、一番大切なことは『皮膚のかさつきを取ること』、つまり保湿です。保湿をすることによって、皮膚の再生を促し、刺激物質が入ってくるスキマをなくしてしまえば良いのです。汗、ほこり、衣服などの刺激から身を守ることになるのです。

患者様ごとの生活環境を考慮して、家族の方々を含め、最適な治療方法を考え、あせらずじっくり治療していきます。

じんましんの治療について
じんましんは即時型アレルギーの一つです。食べ物、ストレスなどが原因で発症することが多いですが、原因を確定することは困難です。よって、かゆみ止めの塗り薬や内服薬による対症療法となります。

また、かゆみが数ヶ月も続く慢性じんましんもあります。