形成外科は、生まれつきの、またはケガやガン等で変形したり、失われた体の表面の異常を、機能の回復のみならず整容的にも正常に近い状態に再建し、社会生活の質(QOL:Quality Of Life)の向上に貢献する専門領域です。

とくに、形(外見)を正常にする治療は皮膚および、神経・血管、筋肉組織や骨などの状態を見極めた上で、細心の注意を払って治療を進めなければなりません。

医療は「命が助かればそれで良い」という時代は終わりました。命が助かった後、いかにして各個人が誇りを持って生活できるかどうかが大切です。治療内容も充分にお話させて頂きますので、ご安心ください。

主な治療疾病名
【瘢痕/ケロイド】
手術・交通事故・ケガ・やけど・ケロイド 等による傷跡の治療。

【難治性潰瘍】
床ずれ、糖尿病/リウマチ/動脈硬化性潰瘍 等の治療、および手術。

【先天異常】
先天性眼瞼下垂、副耳、耳(前)ろう孔、副乳、陥没乳頭 等。

【母斑、良性腫瘍】
粉瘤(アテローマ)、脂肪腫、色素性母斑、脂腺母斑、表皮母斑等。

【その他】
老人性眼瞼下垂、陥入爪(巻き爪)、腋臭症(わきが) 等

※一部処置等については、他病医院への紹介となる場合がございます。予めご了承ください。

形成外科の診療時間 および 休診日
診療時間
(受付時間)
午前9:00〜12:00
(午前9:00〜11:30)
休診
午後4:00〜7:00
(午後4:00〜18:30)

完全予約制
休診日: 水曜・日曜祝祭日
★・・・午後2:00〜5:00まで