ホルモンバランスによるしみ、加齢によるしみ、日焼けによるしみ、怪我などの傷跡によるしみ・・・。
しみは様々な要因が複雑に絡まってできてきます。

大きなしみはそれだけで気になりますし、点在するそばかすやぼんやりとしたくすみは、肌の見た目年齢を極端に増加させます。
それぞれの肌に適した、すっきりとクリアな肌へ導く様々な施術をご用意しています。

主な治療方法
【内服薬・ビタミン剤処方】
皮膚科医療としての治療です。目の下やこめかみ等にぼんやりと、ほぼ左右対称に表れるしみ−「肝斑」。ホルモンの分泌変化によって生じるこのしみには、第一選択の治療方法です。


エレクトロポレーション >>>
美白に効果的な「トラネキサム酸」と「ビタミンC」を電流の力で肌の深部に到達させる施術です。通常のお手入れの一貫として、定期的に取り入れて頂きたい施術です。


ルートロピーリング >>>

スペクトラのQスイッチモードを使用し、肌の表層部に働きかけます。不要なメラニンを破壊すると共に、肌表面のきめを整え、光老化による肌の老化を改善します。


ケミカルピーリング >>>

古い角質を酸性薬剤を用いて除去していく施術です。肌の表面が滑らかになり、くすみが解消され透明感がアップします。また、ターンオーバー機能の活性化により、メラニン色素の排出を促し、しみ予防に効果的です。


イオン導入 >>>

美白に効果的な「トラネキサム酸」と「ビタミンC」を微弱電流の力で肌の深部に到達させる施術です。通常のお手入れの一貫として、定期的に取り入れて頂きたい施術です。